風のない場所

アクセスカウンタ

zoom RSS アンダカの怪造学6 飛べない蝶々の鳥かご迷路

<<   作成日時 : 2007/10/04 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

異世界から改造生物を召喚する技術《怪造学》学ぶ少女・空井伊依。

波乱続きだった一年生からなんとか二年生に進級でき、喜んだのも束の間、新一年生の中には、伊依に対して異常なまでの敵意を燃やす少女・志田桐涼女がいた。
理不尽なまでの悪意を向け涼女に困惑する伊依は、決着をつけるべく、新入生歓迎イベントとして開催される怪造生物の競技大会・“魔王杯”への出場を決意する。
だが、その裏には涼女の仕組んだ恐るべき罠が――!!


□感想□

シリーズ第6巻。

始まりは卒業式。新生古頃になってから3ヶ月。
ということは、この間の話は真冬ってことなんでしょうか。あんまりそれっぽい描写の記憶がないのですが。……覚えてないだけだろうか。

……まあそれはさておき。


ささいなことから喧嘩をしてしまった伊依とカービィちゃんこと魅神香美。
そんな時、伊依はカービィちゃんの知り合いらしい少女と出会う。
志田桐涼女と名乗る少女は、カービィちゃんのことを“幸運の女神”という。
請われるままに涼女を彼女の元に連れていくが、カービィちゃんの態度はどこかおかしくて。

滅作が語る、怪造学三大禁忌。そしてその一つ、魔王の志田桐。そしてある日、凉女主催の新入生歓迎行事、通称魔王杯が執り行われることに。


魔王杯、規模のでっかい障害物競走ってとこでしょうか。
勝者には生徒会長の座が与えられるということで始まった魔王杯だけど、ヴェクサシオンが出てきたり強制的に魔王召喚が行われたりと、最終的にはそれどころじゃなくなって。

前回読んでた限りでは、最終的にラスボス的な存在になるのかと予想していたヴェクサシオンは、総長に軽くあしらわれてるし。
前から思ってはいたけど、何気にすごい人です総長。さすが総長。

そして今回初登場の涼女ちゃんの名前は、もろに『舌切り雀』がもとなわけですが、さすがに実際にやられるとちょっと引いた。
でも、本当はすごくいい子なんじゃないかなあと思い始めた矢先だったので、最後のアレはちょっと悲しかったです。
あと、久渡さんも。もっと総長と一緒にいてほしかったなあ。

そして、動き始めた“怪造学会最大の汚点”。
久渡さんのことは悲しいけれど、ついに登場したラスボス的存在がこれで終わったとは到底思えないので、やっぱ伊依たちはそのあたりに立ち向かっていくことになるのかなあなんて予想しています。


アンダカの怪造学6 飛べない蝶々の鳥かご迷路
著:日日日
イラスト:エナミカツミ
出版:角川スニーカー文庫
初版:2007/05/01
本体価格:667
P476
ISBN:978-4-04-481006-1
アンダカの怪造学 6 (6)
アンダカの怪造学〈6〉飛べない蝶々の鳥かご迷路 (角川スニーカー文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンダカの怪造学6 飛べない蝶々の鳥かご迷路 風のない場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる