『ドラゴンマガジン』創刊物語 狼煙を上げた先駆者たち/山中智省

『このライトノベルがすごい』のようなライトノベル作品を取り上げたものではない。 (刊行当時はそう呼ばれてはなかったが)ライトノベルが掲載されていた、ドラゴンマガジンを中心としたライトノベル系の雑誌の隆盛をまとめた一冊。 ドラゴンマガジンを購入していた自分にとっては懐かしく、同時に買い始める以前の知らなかったことも多くて、興味深かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我、天命を覆す 陰陽師安倍晴明/結城光流

ビーンズ文庫で発行されている『少年陰陽師シリーズ』。 安倍晴明の孫である昌浩を主人公に繰り広げられる平安怪異譚なわけだが、本作はその安倍晴明がまだ若かかりしころの話となっている。 少年陰陽師シリーズの方では時々昌浩に手助けをしつつそっと見守る好々爺な晴明ですが、この若晴明は非常に尖った人嫌いとして描かれています。若い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県庁おもてなし課/有川浩

高知県に観光客を呼び込むために発足した課、その名も『おもてなし課』。 職員たちも手探り状態なまま、手始めに県出身の有名人に観光特使に任命するところから始まる。 しかし県出身の作家・吉門から矢継ぎ早に駄目出しを受け、お役所仕事と民間企業との溝が早々に浮き彫りになっていく。 はたして彼らはこの観光事業を軌道に乗せること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタープレイヤー/恒川光太郎

もしも願いがかなうなら、いったい何を願うだろうか。 ある時くじに当選し、“スタープレイヤー”となった夕月は、別の惑星へと飛ばされてしまう。 案内人として現れた男曰く、スタープレイヤーはこの世界において「十の願い」という力を持っており、この世界において文字どおり10個の願いをかなえることができるのだという。 ただし、元の世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒア・カムズ・ザ・サン/有川浩

一言で説明すると、タイトルのとおり父が帰ってくる話。 元々は、7行だけあるあらすじからどう展開されるか、というところから始まったようで、そして収録されているParallelの方は、“上演された舞台に着想を得て執筆されたもの”だそうな。 共通している点はあるが、別物といっていい。 『ヒア・カムズ・ザ・サン』 出版社…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルーシーにおまかせ!/一条明

タイトルと表紙だけ見た段階では、どじっこメイドが活躍する軽い話かなあと思っていたけど、いざふたを開けてみればなかなかガチガチなSFものだった。硬派と言ってもいいかもしれない。 殺された姉のクローンとして生み出されたジュール。 そのジュールのオリジナルである姉を殺したと思われている犯人の生体回路が使われているメイドロボット・ルーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイバイブラックバード/伊坂幸太郎

〈あのバス〉に乗るため、五股をかけていた彼女たちとの関係を清算しに回る男・星野の話。 〈あのバス〉へ連れて行く巨漢の女・繭美を連れて。 6章構成になっており、そのうち5章は彼女たちとの出会い回想と別れ話になっています。 ある時は大盛りラーメンを食べ、あるときは当て逃げ犯を探し、ときにロープで侵入する女を止め、別れるのに病の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン/小路幸也

巻を重ねるごとに登場人物も増え、相関図も複雑さを増していっています。 東京バンドワゴンシリーズ第6弾。 1冊1年ごとに進んでいくので、1巻では一番年下だった研人も中学一年生になりました。 『春 林檎可愛やすっぱいか』 古本屋の棚の上に乗せられる林檎は何なのか。 我南人の同級生であり、若くして亡くなった絵本作家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テメレア戦記2 翡翠の玉座/ナオミ・ノヴィク

中国からフランスに贈られたものであったテメレアの卵を、横から掠め取るような形で担い手となったローレンス。 そのことに中国側が返還を求めて、皇帝の兄自らが直々に英国にやってきた。彼の目的は何なのか。 テメレアと離れたくないローレンスは当然断るわけなんですが、中国側がそれを受け入れることなく、だったらお前も来いと、テメレアとローレンスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トワイライト1 愛した人はヴァンパイア/ステファニー・メイヤー

母の再婚を機に、父が住むワシントン州のフォークスへと移ってきたイザベラ。 編入した学校で、自分を見つめるエドワードという少年を知る。 サブタイトルの時点でネタバレされていますが、一応この一巻の時点でははっきりヴァンパイアであるとは明かされていません。 そういう昔話が出てきて、おそらくはそうなのだろうなあとわかるくらい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新フォーチュン・クエスト19 うれしい再会と人魚のおつかい〈下〉/深沢美潮

海上ならぬ海中の冒険。 猿のような人魚のような生き物を追って行ったトラップが帰ってこないうちに、パステルたちはその猿たちに捕らえられてしまう。 そして連れて行かれた先には、行方の分からなくなっていたクレイとカシアスの姿があった。 どうやら猿たちは、何か頼みごとがあるようで… 『うれしい再会』下巻です。 新フォーチュン・クエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOSの猿/伊坂幸太郎

困っている人に出会うと、「どうにかしてあげなければ」と思わずにはいられない男・遠藤二郎。 そんな性格が高じて、時々悪魔祓いという名のカウンセリングのようなことをやっていた二郎は、知人から引きこもりの息子に関する相談を持ち込まれる。(『私の話』) 原因究明に力を注ぐ男・五十嵐真。株の誤発注の原因究明に当たることに。(『猿の話』) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE/冲方丁

以前電撃文庫で発行されたものの加筆修正+RIGHT OF LEFTのシナリオを追加収録したもの。 どこが変わったのかというのは、手元に以前の本がないため比較の仕様がないのだけど、ROL脚本も含めなんだか懐かしい気分で読んでいた。 アニメ本編のダイジェストがまとめられているタイプのノベライズではなく、主に1話辺りと翔子について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NO.6完全ガイド/あさのあつこ

登場人物紹介、イヌカシのメモ、小ネズミたちの任務履歴、NO.6史、インタビューなどを収録したNO.6のガイドブック。 人物のイラストはアニメのキャラ表かな。(紫苑とネズミ以外) 当然ストーリーに関してのネタバレあり。 既読でおさらいしたい人向けかな。 何か物足りないなあと思ってたら、こういうファンブックにつきものの書き下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋文の技術/森見登美彦

主人公である守田一郎と、彼と手紙を交わす人々の往復書簡風の作品。 往復書簡とはいっても、11話と12話以外は守田からの手紙のみで構成されています。 一人だけだとわからなかった出来事や事件が、別の人の手紙が加わることによってその詳細が少しずつ明らかになっていく。 そして同時に、守田氏には想い人がいて、しかし告白できないでいるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #9(完結)/あさのあつこ

炎上する矯正施設からの脱出を果たしたシオンとネズミ。 しかし重傷を負ったネズミを救うため、二人は再びNo.6へと戻ることに。 そのころ、月の雫へと詰め掛けた市民によって、No.6の機能は停止しようとしていた。 「再会を必ず」 No.6全9巻、ここに完結。 ここで終わるのか、というのが読み終わってまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テメレア戦記1 気高き王家の翼/ナオミ・ノヴィク

舞台は1805年ヨーロッパ。 英国海軍に所属するローレンスは、拿捕した敵船から手に入れたドラゴンの卵の担い手となったことから、空軍へと所属を移す。 艦長から飛行士になったローレンスは、テメレアとともにドラゴン艦隊に加わるべく訓練を始める。 19世紀初頭、ナポレオン戦争の時代に、ドラゴンを放り込んだ戦記もの。 近代兵器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン/小路幸也

東京バンドワゴンシリーズ5作目。 『夏 あなたの笑顔は緑ふたつ』 東京バンドワゴンの住居のほうの引越し作業が進む中、勘一は紺と茅野さんとその甥の靖祐さんとともに、かつての知人の墓参りに出かける。 この辺りのことや、勘一の昔の仲間やおばあちゃんの家のことなんかは、『マイ・ブルー・ヘブン』参照。 今回は恋の話メインな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1Q84 BOOK3〈10月-12月〉/村上春樹

いままで天吾と青豆だけだった章に、今回から牛河の章が加わる。 彼もまた1Q84年へと入り込んでしまったことに気づいた一人。 二人の足跡を追う牛河。 お互いにその足跡を追いながらもすれ違ってきた二人。 それぞれの結末。 一応はこれで終わりなんだろうか。 探してみても4巻が見あたらないので、つまりそういうことなんだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茅田砂胡全仕事1993-2013〈特別版〉/茅田砂胡

出ていることを知らなくて、本屋で見かけて何だこれ!?とタイトルと厚さに驚愕し、さらにドラマCDつきの特別版が出ているということで、一晩悩んだ結果通常版ではなく特別版を購入しました。 違いは、ドラマCDがついているかいないかだけなんで、ドラマCDなんていらない!という人は通常版で十分ではないかと思います。 自分も悩んだんですが、ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more