風のない場所

アクセスカウンタ

zoom RSS いつか僕もアリの巣に/大河原恭祐

<<   作成日時 : 2009/07/19 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

女王様になる条件は?コロニーの秩序はどう保たれる?
小さな生命体の摩訶不思議に迫る、おもしろ自然科学エッセイ。





蝉を見たことがない人がいたとしても、蟻を見たことないという人は少ないんじゃないだろうか。

比較的身近な昆虫の一つであるアリ。

そんなアリの研究をしている著者が、アリの生態やフィールドワークについてしるしたものが本著。

知っていることと知らないこと含め、アリについてさまざまなことが書かれています。

アリはハチと同じ分類になるらしい。そしてシロアリはゴキブリと同じ。
女王アリがいるというのは知ってたけど、働きアリは実は全部メスだとか、小さいイメージがあるけど、3センチくらいあるのもいるんだとか。

研究書よりは読み物と言ったほうがいいかも。
わりとさらっと読めるけど、色々と感心させられる。

あと、アリが這っている表紙にちょっとギョッとした。

気軽に読めます。




いつか僕もアリの巣に
著:大河原恭祐
出版:ポプラ社
第一刷:2008/02/12
本体価格:1400
P222
ISBN978-4-591-10181-0


いつか僕もアリの巣に
ポプラ社
大河原 恭祐


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつか僕もアリの巣に/大河原恭祐 風のない場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる